【10秒トリビアクイズ】『改良藤田スケール』は何を測るものでしょうか?

CNN10の10sec.triviaより。

今回は自然災害に関するクイズです。

私たち日本人はあまりなじみがないような気がします。それではどうぞー。

 

『改良藤田スケール』は何の強さを測るのに用いられるでしょう?

 

正解は、

 

 

 

 

 

竜巻でしたー!

 

 

分かった人ー?

わたしは"地震ではない"と言うことだけは分かりました・・・(´・ω・`)

 

藤田スケールについて

名前の由来になったのは藤田哲也さんという方で、現在はもう亡くなられていますが、シカゴ大学で竜巻の研究をされていた気象学者さんです。その分野の世界的権威としてその名を知られているそうです。福岡県のご出身なんだとか。

 

1971年に藤田さんにより竜巻の強度を測るため考案された尺度(通称藤田スケール=F-Scale)が1973年、アメリカの国立気象局に採用され、以降世界で広く使われるようになりました。

2007年に改良を経て、現在の『改良藤田スケール=EF-Scale』として用いられています。

 

この改良藤田スケールによると、竜巻の風速が105~137km/hで軽微な被害が想定されるものを"EF0"とし、以降風速や被害の大きさによって"EF5"までの6段階に分類されます。

 

もっとも大きな"EF5"では、風速322km/h(90m/s)以上、"ありえないほどの激甚な被害が想定される"となっています。恐ろしいですね。

 

f:id:chitocie:20170209102911p:plain

改良藤田スケール - Wikipediaより

 

ちなみに、同じく日本人にはあまりなじみがないハリケーンには、『シンプソンスケール』という尺度があり、こちらは1分間の最大風速を元に"カテゴリー1"~"カテゴリー5"の5段階に分類されるそうです。

 

クイズの原文はこちらです

 今回のトリビアのトピックは、ニューオリンズルイジアナにEF2クラスのトルネードが発生したのを受けてのものでした。

日本でもたまに竜巻のニュースを見ますけど、アメリカの桁違いの映像にはいつも驚かされます。他にもハリケーンや洪水の被害など、アメリカも自然災害大国なんだなぁと思わずにはいられません。

 

↓CNNででたクイズの原文です 

The Enhanced Fujita(EF) scale is used to measure the intensity of what?

  • Tsunamis
  • Tornadoes
  • Hurricanes
  • Earthquakes